看護体制について

セル看護提供方式

【セル方式概念】

セルとは:
一般的に「細胞」「小部屋」という意味。病院の中では、病室という最小単位を示す。
セル方式とは、病室という最小単位の範囲を一人一人が3~5名を受け持つ事。(病棟師長以外の全ての勤務者が患者を受け持つ)
受け持つナースの「動線」に着目し、動線のムリ・ムラ・ムダを省き、「患者の側で仕事が出来る=患者に関心を寄せる」を実現するサービス提供システムである。

1.目的
動線のムダを省き患者の側で業務を遂行し、質の高い先取りの看護を提供する
2.目標
  • ①患者のささいなサインに気づき、患者の要求している最適な看護ケアを提供する
  • ②患者・家族参画を元に看護計画を立案し、患者状態に合った看護ケアを提供する
  • ③インシデントの予防・低減(転棟転落・褥瘡など)
3.看護チーム編成
全てのナースが患者を受け持つ事を前提とする。またチーム編成は、ベッド数に応じて異なる。(42床-2チーム・23床-1チーム)夜勤もチームによって患者の重症度の偏りがある場合は、調整を行う
4.用語の定義
SS(スタッフステーション):病棟の真ん中に設置し、医療者が記録・ミーティングを行う
NU(ナースユニット):病室近くに看護師の詰め所を設置。看護師が常に患者の傍で業務を行う
ウォーキングカンファレンス:看護師が業務引き継ぎの際に患者のベッドサイドに行き、その日の予定を話し合ったり、患者やその家庭の意見希望も取り入れながら看護プランを作成する患者参加型のカンファレンスである

一般病棟(2交替制)

看護師 時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 9~10名  
夜勤 16:00~9:00 4名  
時差 10:00~19:00 1名 必要部署のみ

東3病棟(2交替制)

看護師 時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 6名(火・木 7名)  
夜勤 16:00~9:00 3名  

病棟(産婦人科、3交替制)

看護師・
助産師
時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 6~10名 ※2交替ミックスあり
準夜勤 16:00~1:00 4名  
深夜勤 00:00~9:00 3名  
看護助手 時間 人数 その他
日勤 7:30~16:30 1~2名 クラーク1名日勤のみ
夜勤 16:00~9:00 1名  
準夜勤 15:00~0:00
10:00〜19:00
1名 東3、東4、南4は準夜勤のみ
時差 9:00~ 18:00 1〜2名  

HCU(4:1、2交代制)

看護師 時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 7~8名  
夜勤 16:00~9:00 4~5名  
時差 13:00~22:00 1名(HCU)  

※看護助手:日勤1〜2名、クラーク1名日勤のみ

ICU(2:1、2交替制)

看護師 時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 8~10名  
夜勤 16:00~9:00 7名  

※看護助手:1〜2名、クラーク1名日勤のみ

救急外来(2交替制+準夜)

看護師 時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 8名  
夜勤 16:00~9:00 5名  
準夜勤 16:00~1:00 1名  
時差 13:00~22:00 1名  
時差 13:00~22:00 2名  

※看護助手(救急救命士)1〜3名日勤のみ

病院外来

  時間 人数 その他
日勤 8:30~17:30 28名~34名 時短・パート勤務含む
早出 8:00~17:00 2〜5名  
遅出 9:00~18:00 3〜4名  

※助手クラーク2名日勤のみ

病院透析

  時間 人数 その他
日勤 8:30~17:30 8名  
時差 12:00~21:00 2〜4名  
時差 9:00~18:00 1名  

※助手クラーク2名(日勤、時差12:00~21:00)

手術室・CS

  時間 人数 その他
日勤 8:30~17:30 25~27名  
準夜勤 16:00~1:00 2名  
時差 12:00~21:00 5名  
オンコール 時間外の緊急手術に対応    

手術室看護助手日勤2名、CS看護助手日勤2名、クラーク2名

内視鏡センター

  時間 人数 その他
日勤 8:30~17:30 12~20名  
オンコール 時間外の緊急手術に対応 2名  

※看護助手日勤1名

日帰り手術センター

  時間 人数 その他
日勤 8:00~17:00 5~8名 8:30出勤調整あり
時差 10:00~19:00 1名  

※クラーク1名(日勤のみ)