看護部について

敬愛会統括看護部長からのメッセージ

去年、新病院に移転し、これまで以上に地域の中核病院として「心に届く医療〜すべてはみんなの健康と笑顔のために〜」をモットーに敬愛の心をもって職員一丸となって取り組んでいます。
看護職の役割が拡大し看護の質向上が求められている中、新人からスペシャリストの教育まで、成長段階や個々の目標に合わせて、きめ細やかな教育を行っており、専門職としてのあなたのキャリア形成を支援します。

敬愛会統括看護部長 翁長 多代子
敬愛会統括看護部長
翁長 多代子 Tayoko Onaga

中頭病院看護部長からのメッセージ

~相手に関心をよせ、ニーズに添ったケアが提供できる看護部へ~
 “相手に関心をよせる” 当院看護部の行動基準の1つです。
 看護師の導線を、できるだけ短くする事でベッドサイドケアの時間を多くする。そうすることで、「患者さんのちょっとした変化に気づき、先取りの看護を提供する事」を目標にしています。
 また、地域の急性期医療、救急医療を担う当院では、看護師に求められる知識・技術は多岐にわたります。多職種とのカンファレンスや研修等、キャリア開発をサポートしています。

中頭病院 看護部長 仲宗根 ゆかり
中頭病院看護部長
仲宗根 ゆかり Yukari Nakasone 

看護管理室

 看護部は、看護管理者3名・認定看護師2名・呼吸療法士1名・歯科衛生士2名・クラーク2名の計10名の少数精鋭チームです。 スタッフ一人一人が、~相手に関心をよせ、ニーズに添ったケアが提供出来る~を行動基準の1つとして、患者さんのちょっとした変化に気づき、先取りの看護が提供出来るように、私たち看護部として、現場のサポートを行っています。 統括部長・看護部長を始め、いつも笑顔いっぱいで、皆さんと接するように心がけています。

看護管理室

看護部の理念

看護部理念Moraality

  • 健康の保持増進・健康の回復に向けて、対象のニーズに沿った個別的継続看護の提供
  • 質の高い看護の提供
  • 専門職案内としての自己研鑽

看護部将来展望Vision

  • 看護の質を見つめ直し成長し続ける組織をつくる

中心価値 Values

行動基準Credo

  • 責任を持って行動し最後までやり遂げる
  • EBNに基づいた看護を提供する
  • 相手に関心をもつ
  • 自分で考えて行動する力を身につける
  • チームワークを大切にする
1.健康の保持増進・健康に向けて、対象のニーズに添った個別的看護の提供
これは、看護の基本的責任である健康増進、疾病の予防、健康の回復・苦痛の緩和に向けて患者さん中心を最優先とする看護を行い、命の尊厳・権利の尊重を心得、看護のインフォームドコンセントを実施し、患者さんとその家族のQOLを尊重した看護を実践し、地域の求めるニーズを病院職員全体が密に連携する事で、よりよい看護活動を推進することです。
2.質の高い 看護の提供
チーム全体で、患者の安心・安楽・安全を守るため、細心の注意と努力を行うことです。
3.専門職業人として自己研鑚する
自己の課題・目標を明確にし、研究的態度で看護のレベル向上に努め、よりよい看護実践を展開していくことです。

これらの理念を達成すべく、中心価値として「信頼」「思いやり」「行動力」を定め、職員の行動が高いレベルで実践出来るように行動基準も設定しました。
ビジョン実現のために看護部一丸となって取り組んでいます。当院が取り組んできた看護を社会の誰もがわかるような形で提供し、社会的評価を受けながら看護の質を追求し続けたいと思います。