キャリア支援について

中頭看護人材育成とキャリア支援の方針と目的

方針

人材育成3大方針に則りキャリア開発を実施していきます。

1.質の高い看護や医療
敬愛会の理念に基づいた「看護師の看護実践能力」の到達目標をレベル別に明示しその到達目標を目指すことにより、質の高い看護や医療を提供できる看護師の育成を図ります。
2.職務満足の向上を推進
新人の時期から生涯にわたり、継続的に自己研鑽を積むことができる研修支援体制も含めたしくみの導入により、看護師の能力開発の動機付けを促進し、職務満足の向上を推進します。
3.強みを伸ばし、キャリア開発を支援
個の「強み」を伸ばして成長できる看護師の育成を目指し、教育機会を最大化して個々の看護師のキャリア開発を組織として支援していきます。

目的

  1. 看護職員が自分がやりたい看護を追求することを支援する
  2. 看護職員が誇りを持って看護の仕事を専心できるように支援する
  3. 看護職員が自己実現できるように支援する
  4. 看護職員が日々成長できるように支援する
  5. 看護職員が看護の質を向上させる努力を継続できるように支援する

クリニカルラダー

クリニカルラダー

新人支援体制プリセプターシップ

看護部院内研修 レベル別・内容別

  レベル別プログラム 役職別
プログラム
役割別
プログラム
全職員
プログラム
レベル1 レベル2 レベル3



・新人オリエンテーション
・食事・排泄援助
・褥瘡・NST
・移動・活動休息
・エンゼルケア
・安全な与薬
・輸血・呼吸管理
・人工呼吸器
・観察(循環・呼吸)
・心電図
・BLS・看護記録
・入退院管理
・コメディカルとの連携
・多重課題
(6ヶ月フォローアップ研修)
・心電図(初級)
・急変時迅速対応
・フィジカルアセス メント
・在宅
・退院支援
  ・心電図(初級)
・急変時迅速対応
・緩和ケア
・褥瘡対策
・呼吸器管理
・糖尿病の管理と介護
・老人看護
・NSTセミナー
・ICLS研修(毎月)



  ・看護研究計画書の書き方       ・看護研究発表会



・新人看護記録とは ・リスクマネジメント
・看護記録
・診療録の活用とチーム医療      



・感染基礎 ・感染管理 ・感染管理   ・看護助手研修
(感染管理)
・院内研修感染



・安全ロールプレイ
・ヒューマンエラー
・転倒転落
・抜去予防
・急変時迅速対応研修 ・安全分析手法 ・リスクマネージメント
・感染管理
・看護助手
・安全管理
・院内研修安全
・ICLS研修(毎月)
・看護部KYT活動
・転倒転落予防










・看護必要度
・接遇研修
・宿泊(フォローアップ)
・事例検討
・メンタルヘルス
自己調整法
・リーダーシップ
・プリセプターシップ
・問題解決技法
・ケーススタディ
・コミュニケーション(FISH)
・ケースカンファレンス
・目標管理リーダー研修
・主任研修
(主任とは)
・管理者宿泊研修
(組織分析・BSC目標管理)
・自己調整法
・看護助手研修(接遇) ・倫理研修
・院内研修接遇
・ナラティブ

研修風景

4月オリエンテーション・注射・CPR
4月
オリエンテーション・注射・CPR
4月新入職員球技大会
4月
新入職員球技大会
5月多職種によるオリエンテーション
5月
多職種によるオリエンテーション
6月3ヶ月フォローアップ研修(宿泊研修)
6月
3ヶ月フォローアップ研修(宿泊研修)
6月3ヶ月フォローアップ研修(宿泊研修)
6月
3ヶ月フォローアップ研修(宿泊研修)
9月6ヶ月フォローアップ研修(多重課題)
9月
6ヶ月フォローアップ研修
(多重課題)
9月6ヶ月フォローアップ研修(多重課題)
9月
6ヶ月フォローアップ研修
(多重課題)
10月安全研修
10月
安全研修
1月事例検討発表会
1月
事例検討発表会
2月リフレクション研修
2月
リフレクション研修